[山梨×雑草対策3選]雑草が生える家のまわりをすっきりさせたい…雑草の悩みに知っておきたい対策をご紹介

 

はじめに

この時期になると特に山梨は「外をもっと華やかにしたい」「家庭菜園を」など考え戸建て住宅はお家の周りを自由に使えるので、プランターを並べる、植物を土に植えるなどをしている方も多いですよね?

 

ただ、家の周りに土のままの部分があると、雑草があちこちに生えて見た目も気になりますよね。

 

「悩ましい雑草をどうにかしたい…!」

 

そんなお悩みを持つ方に向けて、雑草対策でできるリフォームについて詳しくまとめてみました。

 

家の周りが土のまま…。どんな問題点がある?

お家周りに土のままの部分があると、

 

・雨の日に土がドロドロになって外壁が汚れる

・靴の裏や玄関が雨の泥汚れが目立つ

・雨量が多いと道路に土が流れていくこともある

・風が強い日に表面の砂が舞う(外壁に付着・家の中に入ることも)

・雑草がひどい

 

などが問題点になることが多いです。

 

特に、雑草にお困りの方は多いでしょう。雑草の生命力はすごいので、「雑草が生えた⇒草むしりをする」を何度も繰り返しても雑草がゼロにはなりません。草むしりは労力と時間がかかりますよね。それに、草むしりをしている最中、かゆくなったり、草の影に隠れている虫を見つけて気持ちが滅入る方もいるのではないでしょうか。

 

 

雑草と言っても年中生えているわけではなく、だいたい春頃から気になるケースが多いでしょう。5~8月くらいになると生育が盛んとなる時期で「いつの間にか庭が雑草でいっぱい」ということもあります。

雑草の生命力はすごく、後で草むしりをしようと放置しているうちにグングンと雑草が育ってしまうのです。

 

ミスターデイクの施工事例でも雑草対策の事例をご紹介しています!詳しくはこちらをクリック

 

雑草をどうにかしたいときの対策とは?

そんな悩ましい雑草対策できるリフォームがこちらです。ひとつずつ見ていきましょう。

 

①砂利敷

砂利を敷くと雑草へ日光が届かず生えにくくなり、雑草対策になります。防草シートを砂利の下に敷けば、一層雑草を防ぐ効果が期待できます。

 

DIYでも「砂利+防草シート」を敷くことはできます。ただ、防草シートはさまざまな素材の種類があり、安価なものは遮光性が悪く、少しの隙間から雑草が生えてしまいます。耐用年数が短く、わずか1年足らずで雑草に悩まされるケースもあるのです。

 

しかもDIYで砂利を敷く場合、「厚みが足りない(薄過ぎる)」などにより、隙間ができて雑草対策にならないことがあります。少しでもコストを浮かせようと、砂利の購入量を減らすと、厚みがなく、砂利敷の効果が得られないことがあるので注意しなければなりません。

 

また、DIYでは、面積が広くなるほどに「土を掘る・防草シートを敷く・適度な厚みで砂利を敷く」という作業は結構大変です。中途半端に作業してしまうと、完成度が落ちるケースも多々あります。「雑草を生えなくしたい」という目的があるなら、プロに頼んだ方が綺麗に仕上がり安心です。

 

ただ、DIY、プロに頼んだ場合のどちらにしても、砂利の隙間から雑草がちらほらと生えてくることはあります。

 

②アスファルト…夏にあつい。割れやすいことも。

アスファルトを敷いて覆うのも雑草対策です。砂利を敷くよりも、雑草をおさえる効果があります。

 

アスファルトは、コンクリートと比べると「施工性がよく工期も短縮できるためコストが安い」「滑りにくい表面」「排水しやすい」という特徴をもっています。ただ、黒っぽい色のため、太陽の熱を吸収します。夏には照り返しで暑いというデメリットがあります。アスファルトの面積が増えるほど、黒という色味が持つ“暗いイメージ”が気になる方もいるでしょう。お洒落な雰囲気はあまりありません。

 

また、ひび割れが起こりやすいのもデメリットのひとつです。

 

③人工芝

人工芝で覆えば、雑草に光や水分が行き届かず、生育をおさえられます。雑草は種子が運ばれて増えますが、人工芝で表面を覆うことで抑制効果につながるでしょう。

 

雑草対策としてリフォームするときは、せっかくなら綺麗にしたいですよね。人工芝は「見た目が綺麗・おしゃれ」。天然芝のようなリアルな質感もあって、綺麗な雰囲気が続きます。

 

人工芝もDIYが可能です。ただ、防草シートを敷かなければ雑草対策にはなりません。前述のように、防草シートの質が悪く、きちんと施工できていなければ雑草は生えます。

 

DIYは初期費用を安くおさえられるメリットがある一方で、「耐用年数の短い短い素材を選んでしまった」「すぐに雑草が生えて修繕が大変」と結果的に手間・費用がかかるデメリットもあります。綺麗な見た目を維持するためには、プロに依頼することがおすすめです。

 

 

まとめ

今回は雑草対策のいくつかの方法をお伝えしました。

 

家の周りに土のままのところがあると、毎年のように雑草に悩まされることになります。土は雨が混じると「泥汚れ」で見た目も損ないます。砂利やアスファルトで覆えば雑草対策できますが、家の周りがクールな印象となってしまうかもしれません。

 

そこでおすすめなのが人工芝です。本物の芝生のような質感で、緑の綺麗な景観になります。

 

ミスターデイクでは、「雑草の悩みをどうにかしたい」「人工芝で緑のある外観にしたい」というご相談もお受けしています。実際に様々な施工も行っていますのでぜひこちらもご覧くださいね!

しずくちゃん
しずくちゃん

役職ミスターデイク公式マスコットキャラクター

その他工事の他の記事を見る

お問い合わせ内容をご入力のうえ、送信してください。
当フォームにご入力いただいた情報は、SSL技術により暗号化されて送信されます。
また個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき、大切に扱わせていただきます。

当社を知ったきっかけ
複数選択可任意
お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
ご質問
ご希望任意

mrdeiku.jpのドメイン指定受信の設定をお願い致します。

お問い合わせ頂いたお客様には、自動で受付確認メールを送信しております。
受付確認メールを受信されていないお客様は、携帯電話の受信設定により弊社からのメールを受信拒否している恐れがございますので、ご確認下さい。