集成材の魅力

お世話になっております。

ミスターデイク飯野です。

 

今回は改装リフォームなどを行ったときに僕が良くご提案する材「集成材」について

 

ご紹介させていただきます。

 

まず「集成材」とは、製材された板あるいは小角材などを乾燥し、節や割れなどの欠点の部分

 

を取り除き、繊維方向をそろえて接着剤で接着してつくる木質材料。

 

要するに「木材の良い部分を集めて成型する木材」です。

 

なので値段は少し高め。しかし天然材に比べ強度や寸法安定性、耐久性に優れ、湾曲した材

 

も製造できるなどの特徴があります。

 

集成材の種類としては、次のふたつがあります。

集成材の種類 用途
構造用集成材 住宅の柱や梁などの構造に使う
造作用集成材 住宅の内装や家具などに使う

 

ちなみに新国立競技場も「日本らしさ」をアピールするために観客席の頭上は集成材で覆われ

ています。

 

意匠設計を担当した建築家の隈研吾氏は、「寺社仏閣に訪れたような感覚になるだろう」と語っています。

 

 

今回は集成材についてご紹介させていただきましたが、その他にも木材は種類がたくさんあり

 

ますので、それぞれの良し悪しを考えて使用する木材までこだわったらリフォームがもっと楽

 

しくなりますね。

電話する 来店予約 WEB見積り